2010-01-21

平彫りのカッコよさ!

段彫りには段彫りの良さ、平彫りには平彫りの良さがあります。
段彫りでは、彫りの深さの強弱や陰影で物の持つ柔らかさや質感などを表現しますが
平彫りはデザインがダイレクトに表現されるので、まず、デザインが決め手になります。
デザインが非常に重要になるんですねぇ~!

如何に美しい線で仕上げるか!

今回は歯科医院の応接室です。
片側全面ガラス張りなので2枚の扉が重なった時に1枚の絵に見える様に
との施主様のご希望でしたので具象と抽象の融合で段彫りと平彫りの百合を組み合わせてみました。

思った以上の効果が出たと思います。

yuli3

ゆり1

ゆり2

にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ






スポンサーサイト

コメント

なるほど!
透明な空間の見せ方なのですね。
しかし、ダイナミックな曲線が美しい
ですね。

アルケミィ店長 様
いらっしゃいませ!

侘しいと寂しい(わびさび)を少し考慮しております。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://giga2009.blog56.fc2.com/tb.php/45-bb366448
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) Two.5. All rights reserved. Template by Underground