2015-02-07

住宅用エッチングガラス

段彫りと平彫りの融合デザイン!

これが以外と手の掛かる仕様でして、以前は薬品でのケミカルシャドー(陰影)が大半でしたが
最近は酸で表面を溶かす仕様が多くなりました。
(勿論、薬品でのケミカルシャドーも健在でございます。)
薬品でのケミカルシャドーは黒い影を付けて行く仕様に対して
酸で表面を溶かす仕様は白いハイライト部分を
サンドブラストを掛けて陰影を浮きだたせる技法になります。
酸仕様の方は時間とコストが掛かりますがロングスパンで見たら酸仕様の方が良いのかも知れません

それとデザインは、ベースがタペ、部分透明、段彫り、平彫り、ちょいケシ
と複合技法でしたので時間が掛かりましたが、やりがいのある仕事でした。

昨日、取り付け工事に行って来ましたが、やっぱり建具に付くと良いですねぇ〜!
造った本人が言うのもなんですが建具に付いたエッチングガラスを見て感動が込み上げます。

こう言う仕事ができる事に感謝いたします!

ありがとうございました


Mr.ギルド でした!
IMG_0445.jpg
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へ




建築用エッチングガラス 住宅用エッチングガラス 装飾ガラスのご用命は
有限会社 GLASS GUILD グラスギルド
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://giga2009.blog56.fc2.com/tb.php/160-c17ac968
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) Two.5. All rights reserved. Template by Underground